HOME > Pixia基礎講座 > * パレットパネルの使い方

パレットパネルの使い方

*

  1. パレットパネルの様々な機能を概観する
    Pixia画面の右サイドいちばん上「パレットパネル」には、ぼかしたり、こすったり、ノイズをかけたりという、画像に面白い効果を出すことができるさまざまな機能が搭載されています。画像の中の指定したポイントをコピーしながら描画する「クローン」の使い方解説もあります。
  2. パレットをカスタマイズ(色の登録・初期化)する
    よく使う色がPixiaのパレットパネルにない場合、いちいち作るのは面倒ですよね。そんな時は、パレットを自分用にカスタマイズしてしまいましょう。このページでは、お気に入りの色をパレットに登録する方法とパレットを元に戻す「初期化」の方法を解説しています。
  3. 写真 画像に透かし文字を入れる
    画像にコピーライトの文字を入れたい時、文字があまりくっきりしていては画像の邪魔になってしまうことが。この問題は、文字を透かし風に薄く入れることで解決です。Pixiaのパレットパネルの「t」の値を変更することで簡単にできます。同じ方法で、画像に透明感を出すことも。
  4. 色にグラデーションをかけてキャンバスを塗り潰す
    Pixiaのパレットパネルの表示を「G」に切り替えると、色のグラデーションでキャンバスを彩ることができます。パレットに登録されているパターンが使えるだけではなく、自分なりのカスタマイズも可能。ぜひマスターして微妙な色合いの変化をお楽しみください。

このページのトップへ▲