HOME > Pixia応用講座 > * その他の機能の使い方

その他の機能の使い方

*

  1. ハイライトを使ってシャボン玉を描く
    この場合の「ハイライト」とは、Pixiaのレイヤ設定の名称ではなく、光が当たっているところを他の部分より明るく塗る技法を指します。「チャンネル間のコピー」やフリーハンド、ベジェ曲線を使って、シャボン玉の光沢を表現する方法をご覧ください。
  2. キラキラ素材を作る
    Pixiaの「グリッド」「チャンネル間のコピー」「縮小」「トーンフィルタ」など様々な機能を駆使して、輝きを表すキラキラ素材を作る方法を解説しています。ここでは最終的にサイズが100ピクセルになる作り方を示しましたが、お好みに合わせて色々なサイズを試してみてください。

このページのトップへ▲