HOME > Pixia基礎講座 > * メニューバーの使い方

メニューバーの使い方

*

  1. 写真 画像のサイズを変更(縮小・拡大)する
    デジカメで撮った写真は、幅や高さが大きすぎてブログなどにうまくアップできなかったりします。そういう時は、Pixiaで写真を縮小しましょう。このページでは、Pixiaで画像の大きさを変更する方法とともに、画像をアップするブログの幅を計る方法を解説しています。
  2. 写真 画像に文字入れ(文字描画)する
    Pixiaには、画像の上に文字を入れる文字描画機能があります。このページで文字の貼り付け方をマスターして、ブログ記事の表現の幅を広げたり、バナーを作成したりするのにお役立てください。文字のフォントや大きさ、貼り付け位置の変更の解説もしています。
  3. ツールバーをカスタマイズする
    例えばPixiaで文字描画機能を呼び出すには、メニュー「描画」→「文字」と2回クリックをせねばならず、しょっちゅう使う際にはなかなか面倒です。そういったよく使う機能は、設定を変えてツールバーからワンクリックで呼び出せるようにしてしまいましょう。
  4. 線画の色を変更する
    Pixiaでは、黒で描いた線画の色を自由に変更することができます。このページでは、メニュー「画像」の「チャンネル間のコピー」「白紙作成」を使って線画の色を変更する方法を解説しました。黒で線画を描いたんだけど、どうも印象がきついという場合にお試しください。
  5. ベジェ曲線で楕円を描く
    Pixiaでは「領域」をベジェ曲線化すると、線の形状や角度を自由に変えることができます。このページで、メニューバー「領域」の「領域をベジエ化」「ベジエ編集」機能を使って、きれいな斜めの楕円や、辺がふくらんだ長方形を描く方法をマスターしてください。
  6. ルーペを使ってドット絵を描く
    アイコンなどによく使われている「ドット絵」は、Pixiaのメニューバーの「描画」から「ルーペ」を呼び出して簡単に作成することができます。このページでは、Pixiaの「ルーペ」ウィンドウの機能を詳しく解説しています。

このページのトップへ▲