HOME > Pixia基礎講座 > * レイヤーパネルの使い方

レイヤーパネルの使い方

*

  1. Tボタンでキャンバスの透明部分に描き込みできないようにする
    Pixiaで絵を描いていて「あれっ?キャンバスに書き込みできなくなっちゃった!」という時は、レイヤパネルの「T」ボタンをご確認ください。レイヤの透明色の部分に描き込めなくする機能です。この機能を使ったイラストのテクニックもご紹介します。
  2. レイヤ設定「乗算」で色の重なりを表現する
    色ガラスや色セロハンを重ねたような表現をする時、重なった部分の色を想像して描くのは大変です。その点、レイヤの設定を「乗算」にすれば問題なし。重なった部分のRGB値を計算する方法もご説明しています。
  3. 写真 画像を文字の形に切り抜く
    Pixiaで写真を文字の形に切り抜くにはどうしたらいいでしょう。「トリミング」は使えませんし、「閉領域」を使ってもきれいに切り取るのは困難です。そこで登場するのがレイヤパネルの「プレーン」。プレーンを使うと、写真を文字の形どおりに切り抜くことができるのです。
  4. マスクプレーンの使い方の基本を学ぶ
    Pixiaのレイヤーには「マスクプレーン」が隠されています。レイヤパネルの「T」ボタン下のボタンをクリックするとそれを表示させることができるのですが、さて、マスクプレーンとは、何のためにあるのでしょう。ここでは、その使い方を解説いたします。
  5. レイヤ設定「ハイライト」が効かない場合の対処法を学ぶ
    光が当たっているところを他の部分より明るく塗る技法一般をハイライトといいますが、Pixiaにはそれに特化したレイヤの設定「ハイライト」があります。ただ「ハイライト」に設定したレイヤに塗る色として最適な色はベースによってさまざまなようで、選択が難しく・・・悩みつつ実験した結果を披露いたします。

このページのトップへ▲