HOME > Pixia入門講座 > ファイルの開き方と保存方法 > * トリミング画像を背景を透明のまま保存する

トリミング画像を背景を透明のまま保存する

トリミングとは、画像の一部を切り取ること。余白が多すぎる絵や、要らないものが写っている写真から、Pixiaを使って必要な部分だけを切り取る方法です。丸くトリミングする方法や、背景を透明のまま保存する方法も解説しています。

ピクじろう うーんうーん。
小秋 今度はどうしたの?
ピクじろう ブログにイラストをアップしたけど、余白が多すぎて間抜けなことになっているんだ。もう一度小さなキャンバスに描き直さなきゃならないのかなあ。

*

小秋 その必要はないわ。「トリミング」をすればいいのよ。
ピクじろう トリミング?
小秋 ええ、四角を描く時の要領で、家を描いた部分だけを領域指定してみてくれる?

*

ピクじろう うん、指定したよー。

*

小秋 その状態で、領域内にポインタを合わせて右クリックするとメニューが開くの。そのメニューから「トリミング」を選択よ。

*

ピクじろう わあ、家の部分だけが切り取られて別のウィンドウで開いた!

*

小秋 あとは、これをGIF形式で保存してブログにアップするだけよ。これでもう、間抜けなことにはならないわ。
ピクじろう へえー、領域指定と「トリミング」でキャンバスの一部だけを切り取ることができるんだね。あっ、ねえねえ。これは写真でもできるの?
小秋 できるわよ。
ピクじろう よし、犬養くんの写真で試してみよう。犬養くんママのおしりが写っていて、邪魔だったんだよね。えーと、領域指定して、右クリックして「トリミング」っと。

*

小秋 あら、いいじゃない。これならプロフィール写真として使ってもらえそうよ。

*

ピクじろう よし、後で送ってあげようっと。ところで、トリミングできるのは四角い領域だけなの?
小秋 いいえ、円や多角形のトリミングもできるわよ。領域指定の要領は、円や多角形を描く時と同じ。あとは四角形のトリミングと同様、領域内で右クリックをして、メニューから「トリミング」を選択よ。

*

ピクじろう おおーこれはいい感じだなあ。えっと、写真だから保存はJPEG形式でいいんだよね。

*

小秋 そうねえ、四角いのはJPEG形式でいいでしょう。円領域でトリミングした画像は、せっかくだから余白の部分を透明色で保存しましょうか。
ピクじろう 透明色?
小秋 余白の部分は、今は背景色が白いから白く見えるけど、じつは透明なの。背景色に別の色にしてみると、分かるわ。

*

ピクじろう ほんとだ、背景色を青に変えたら青く見えるようになったよ。

*

小秋 この透明の部分を、透明のまま保存すると、ウェブ上に表示させたときに色が表示されず、背景が透けて見えるのよ。例えば、丸い画像を、どんな色の背景でも丸いまま見せたい時なんかに便利なの。
l

*

ピクじろう それはいいなあ。どうすればいいの?
小秋 透明色を扱える画像形式で保存するだけよ。透明色を扱えるのはPNGとGIFなんだけど、そうねえ、GIFで写真を保存すると、ザラザラした感じになっちゃうから、PNGで保存しましょう。
ピクじろう 分かった。PNGだね。

*

小秋 「名前を付けて保存」ダイアログボックスの「保存」ボタンをクリックすると、「PNG」というダイアログボックスが表示されるでしょ? そのボックスの「透明色情報を保存する」にチェックをつけて、「OK」をクリックよ。

*

ピクじろう 試しに僕のブログに表示させてみよう。わあー丸い画像が表示されたよ。

*

このページのトップへ▲