HOME > Pixia入門講座 > ファイルの開き方と保存方法 > * ファイルを保存する前にレイヤを結合する

ファイルを保存する前にレイヤを結合する

Pixia特有のファイル形式[.pxa]のままでは、PIXIVなどの画像共有サービスや、ブログにアップすることはできません。このページでは、Web上にアップできる画像形式での保存と、保存にあたって必要なPixiaの「レイヤーの結合」について解説しています。

ピクじろう 昨日、犬塚君が遊びに来た時に、Pixiaで犬塚君の写真に落書きしたのを見せたんだ。
小秋 ああ、これねえ。彼、怒らなかった?

代替文字

ピクじろう それが大受けしてさあ、ブログに載せたいって言うから、ファイルをあげたんだ。でも、そのファイルがブログにアップロードできないんだって。困ったなあ。
小秋 どんなファイル形式であげたの?
ピクじろう あの落書き写真はレイヤを重ねて作ったから、レイヤの構造を保存するためにPixia形式で保存してあったんだ。それをそのまま犬塚君にあげたよ。

代替文字

小秋 あー、Pixia形式では、ブログにはアップロードできないわねえ。
ピクじろう そ、そうなの?
小秋 ええ、一般的にウェブサイトで表示できる画像の形式は、JPEG形式、PNG形式、GIF形式の3種とされているの。
ピクじろう そうなのかあ。3つのうち一番いいのはどれ?
小秋 保存する画像の画質や色合いによって、どれがいいかは変わってくるわ。そうね、それぞれの性質を知るために、この犬塚君の画像をJPEG形式、PNG形式、GIF形式の3つの形式で保存してみましょう。
ピクじろう よし、「名前をつけて保存」ダイアログボックスで、ファイルの種類を変えればいいんだね。

代替文字

小秋 おっと、その前にすることがあるわ。「レイヤの結合」よ。
ピクじろう レイヤの結合?
小秋 ええ、複数のレイヤから成る画像をJPEG形式、PNG形式、GIF形式で保存する際には、レイヤを合成して1枚にしなければならないの。

代替文字

ピクじろう ふーん、そのままじゃダメなのかあ。どうすればいいの?
小秋 レイヤパネルの「編集」ボタンをクリックして、開いたリストから「レイヤの結合」を選択してみて。

代替文字

ピクじろう 「レイヤの結合」ダイアログボックスが表示されたよ。
小秋 設定はそのままで「OK」をクリックしていいわ。

代替文字

ピクじろう あっ、レイヤパネルのレイヤのアイコンが1枚になっちゃった! うーんうーん、レイヤの構造は残しておきたかったんだけど・・・

代替文字

小秋 大丈夫よ。ウィンドウ上部のバーの表示を見てみて。「名前なしのLAYER0」となっているでしょう。バーの上にマウスポインタを合わせて、マウスボタンを押しながらマウスを動かしてみて。

代替文字

ピクじろう よいしょ。あっ、「犬塚君.pxa」のウィンドウが下に隠れてた。そうかあ、レイヤが結合された画像は新規ウィンドウで開くんだね。

代替文字

小秋 そうなの。「犬塚君.pxa」にはレイヤ構造はちゃんと残っているわ。びっくりさせちゃってごめんね。さて、レイヤの結合ができたところで、JPEG形式、PNG形式、GIF形式での保存に移るわけだけど、長くなりそうなので、また別のページでじっくり説明するわね。

代替文字

このページのトップへ▲