HOME > Pixia入門講座 > レイヤとは > * レイヤの概念を学ぶ

レイヤの概念を学ぶ

Pixiaで線画の線を塗りつぶさないように色塗りをしたい場合は、線と色の「レイヤ」を分けます。レイヤとは、Pixiaのキャンバスを構成する透明のシートのようなもの。このページでは、ちょっとややこしいPixiaのレイヤの基本を解説いたします。

ピクじろう うーんうーん。輪郭線をぬりつぶさずに色を塗るのは難しいなあ。

*

小秋 あーそれは難しいわね。色を塗るのは別のレイヤーにした方がいいわね。
ピクじろう 「レイヤー」って何?
小秋 よし、じゃあ今日はレイヤのお話をしましょう。えと、今描いているその絵はちょっと置いておいて、「新規作成」で新しいキャンバスを立ち上げてくれる?

*

ピクじろう うん、わかった。立ち上げたよ。
小秋 立ち上がったら、右サイドのレイヤパネルを見て。

*

ピクじろう ペン先の設定をするパネルの下だね。
小秋 「編集」というボタンがあるでしょう。そこをクリックして開いたリストから「追加」を選んでくれる?

*

ピクじろう 追加、追加・・・これだね。

*

小秋 すると「レイヤ追加」というダイアログボックスが表示されるの。「フルサイズ」にチェックが入った状態で「OK」をクリックしてね。

*

ピクじろう レイヤパネルのアイコンがひとつ増えたよ。

*

小秋 「LAYER1」の方に赤い枠が付いているわね。その状態でお絵描きを始めましょう。黒い線で何かを描いてみてくれる?
ピクじろう 分かった。よいしょ、よいしょ。家を描いてみたよ。

*

小秋 できたら、レイヤパネルの「LAYER0」のアイコンをクリックしてね。
ピクじろう 「LAYER0」の方に赤い枠がついたなあ。

*

小秋 赤い枠はそのレイヤーに描きこみができる状態であることの印よ。その状態で、色を塗ってみて。
ピクじろう よいしょ、よいしょ。あっ! 線の上を塗ってしまっても、線が塗りつぶされない!

*

小秋 線は追加したレイヤ「LAYER1」にあるから、その下にある「LAYER0」に色を塗っても影響を受けないのよ。「レイヤー」というのは、「画層」という意味なんだけど、あまり難しくとらえないでね。とりあえず透明のシートのようなものだと考えてもらえばいいわ。

*

ピクじろう なるほど、上にあるシートに線を描いて、その下にあるシートに色を塗ったわけだね。シートは透明だから、下のシートの色が透けて見えるんだなあ。でも、レイヤパネルでは、「LAYER1」のアイコン方が「LAYER0」の下にあるよね。ちょっと混乱するなあ。

*

小秋 確かにね。でも、Pixiaでは、見た目の表示順とアイコンの表示順は逆だということを覚えてしまえば、難しくはないわよ。
ピクじろう それもそうだね。わっ、はみ出したところを消しゴムで消したら青くなっちゃった。

*

小秋 あ、そうそう、さっき、レイヤーとは透明のシートのようなものだと言ったけど、「新規作成」で作成されたレイヤ「LAYER0」は、全体が白く塗りつぶされているのよね。今、消しゴムをかけた部分の色が消えて透明になったので、背景の色が見えるようになったわけ。

*

ピクじろう あ、そうだそうだ。えと、とりあえず見た目の問題を解決するには、背景色を白に変更すればいいんだったよね。

*

小秋 そうね。あと、はみ出した部分を白く塗りつぶすという手もあるわよ。

*

このページのトップへ▲