HOME > Pixia入門講座 > 簡単なイラストの描き方 > * グリッドを使って左右対称な図形を描く

グリッドを使って左右対称な図形を描く

領域」を使って線や図形がきちっと描けたとしても、それらをまっすぐ並べたり、左右対称に配置したりするのは難しいもの。その問題を解決してくれるのがPixiaの「グリッド」機能です。グリッドを使えば、方眼紙のようなマス目に沿って、線や図形をきれいに配置することができます。

ピクじろう うーんうーん。
小秋 今度はどうしたの?
ピクじろう 領域の使い方を覚えたから、だいぶへろへろじゃない絵が描けるようになってきたんだけど、なんだか微妙なんだ。
小秋 どれどれ。うーん・・・確かに微妙だわね。

*

ピクじろう そんなにあっさり認められると傷つくなあ。左右の目と耳の高さを揃えようとしたんだけど、どうしてもうまくいかないんだよ〜。あと、線と線の端がどうしてもキッチリ合わなくって・・・
小秋 ごめんごめん。解決法を教えるわ。グリッドを使えばいいのよ。
ピクじろう グリッド?
小秋 ええ。メニューバーの「表示」をクリックして、開いたリストから「グリッド」を選択してみてくれる?

*

ピクじろう うん。「グリッド」というダイアログボックスが開いたなあ。

*

小秋 そこに「吸着」というチェック項目があるでしょう。それにチェックをつけて「OK」をクリックしてみてくれる?

*

ピクじろう よいしょ。わあ、キャンバスに方眼紙みたいな格子模様が表示されたよ。

*

小秋 これが「グリッド」よ。さて、この状態でお絵描きしてみましょうか。
ピクじろう うん、えと、その前に、この微妙なイラストを消してしまいたいんだけどなあ。
小秋 分かったわ。メニューバーの「領域」をクリックして、開いたリストから「全体を選択」を選択してちょうだい。

*

ピクじろう キャンバスの縁に領域を示す線があらわれたなあ。

*

小秋 キャンバス全体が選択されている状態よ。その状態で、メニューバー「編集」をクリックして、開いたリストから「削除」を選択。
ピクじろう 削除、削除・・・これか。あっ、絵が消えたなあ。

*

小秋 キャンバスをクリアにしたいときは、こうするのよ。
ピクじろう よし、今度はうまく描くぞ。ええと、まず顔に当たる部分を円領域で指定して・・・あれっ、何これ。ポインタがグリッド線の交点にピタッと吸いつけられるみたい。

*

小秋 これが、さっき「吸着」にチェックをつけたことの効果よ。

*

ピクじろう わあ、すごい。これで左右対称な絵が描けるなあ。あ、でも失敗だ。目をもう少し大きくしたいんだけど、一回り大きくすると巨大になっちゃうよね。

*

小秋 そういう時は、ペン先を太めに設定して、「線」と「塗りつぶし」両方を実行すればいいわ。この場合だと、9×9くらいが適当かしらね。

*

ピクじろう よし、ペン先を9×9に設定して、「線」と「塗りつぶし」を実行っと。

*

小秋 ほら、これでグリッドにとらわれないで、一回り大きな円が描けたわ。

*

ピクじろう なるほどねー。ペン先の設定はそのままで、鼻の部分にも「線」と「塗りつぶし」両方を実行してみたよ。丸みを帯びていい感じだなあ。

*

小秋 そうね。太くて丸いペン先で線を描くと、指定領域の角が丸みをおびて描画されるので、かわいい感じにしたいときはおすすめよ。
ピクじろう よし、できた! グリッドを解除して、仕上がりを見たいんだけど、どうすればいいの。

*

小秋 もう一度、メニューバーの「表示」をクリックして、開いたリストをからグリッド」を選択すればいいわ。

*

ピクじろう わあ、できたできた。さっきとは比べ物にならないなあ。

*

小秋 ほんと、かわいいライオンの赤ちゃんねえ。
ピクじろう え? 犬のつもりだったんだけど・・・
小秋 え? そうなの?
ピクじろう うーんうーん・・・

このページのトップへ▲