HOME > Pixia入門講座 > 簡単なイラストの描き方 > * 多角形領域を指定して三角形や五角形を描く

多角形領域を指定して三角形や五角形を描く

三角形や五角形などの多角形をPixiaで描くには、「[領域]-多角形」を用います。このページで解説しているのは、多角形領域の指定の方法、指定した多角形領域の各ポイントを動かして形を微調整する方法などです。

ピクじろう 三角形や五角形なんかは、直線領域を指定して線を描いて、直線領域を指定して線を描いて・・・っていう風に描いていくしかないのかなあ。

*

小秋 いいえ、「多角形」領域を使えば、そんな面倒なことはしなくていいわよ。ツールバーの「[領域]-円」の右隣りに歪んだ六角形の絵のアイコンがあるでしょ。それをクリックしてみて。

*

ピクじろう よいしょ。
小秋 で、キャンバス上のどこかをクリックしてみて。マウスの左ボタンをカチッと押してすぐ指を離すの。
ピクじろう ポチっと白い四角ができたなあ。

*

小秋 できたら、マウスを次の点まで動かしてまたクリックよ。マウスを動かす時には、ボタンは押さないでね。

*

ピクじろう 直線領域を指定する時は、マウスの左ボタンを押しっぱなしでマウスを動かすけど、それとは違うんだね。
小秋 そうなの。多角形領域の指定は、クリック、マウスを移動、クリック、マウスを移動、の繰り返し。で、一周してスタート地点にもどったらまたクリック。

*

ピクじろう 三角形の領域ができたなあ。でも、四角とか円の領域を指定した時みたいに、外側に市松模様が表示されないよ。
小秋 まだ領域指定が完了していないからよ。完了させるには、キャンバス上のどこかで右クリックをすればいいわ。

*

ピクじろう 多角形は、右クリックで領域指定が完了だね。
小秋 そう。指定が完了すれば、円や四角形と同じように、形や場所を調整したり、線を描いたり塗りつぶしをしたりすることができるわよ。

*

ピクじろう ちょっとおさらいしてみよう。ツールバー「線」を選択すると、領域に沿って線が描けるんだよね。

*

*

小秋 そうそう。で、ツールバー「塗りつぶし」を選択すると、領域内が塗りつぶされると。

*

*

ピクじろう 領域の中にマウスポインタを持って行って、ポインタの形が変わったところでマウスの左ボタンを押しながらマウスを動かすと、領域の移動ができるんだよね。

*

小秋 ちゃんと領域の操作がマスターできてるわね。あ、そうそう。ちなみに、今は左回りに領域を多角形領域を指定したけど、右回りに指定することもできるのよ。

*

ピクじろう わかったよ、ありがとう。これでまた表現の幅が広がるなあ。

このページのトップへ▲