HOME > Pixia入門講座 > 簡単なイラストの描き方 > * 直線領域を指定して線を描く

直線領域を指定して線を描く

定規を使って引いたような直線をPixiaで描くには、「[領域]−直線」ツールを使います。このページでは、直線領域を指定する方法や、領域に沿って線を描く方法、領域の移動や解除の方法がマスターできます。

ピクじろう ねえねえ、Pixiaで直線を描くことはできないの?
小秋 できるわよ。ツールバーを見てみて。斜線の絵のアイコンがあるでしょう。そこをクリック。
ピクじろう これだね。よいしょ。

*

小秋 キャンバス上の線を引き始めたい位置にポインタを合わせて、マウスのボタンを押したまま、マウスを移動させてみて。
ピクじろう わあ、黒くて細い線が描けたよ。

*

小秋 で、線を描き終えたいところで、マウスのボタンから手を離すの。
ピクじろう 両端に小さな四角がついた。何これ? 四角なんていらないのになあ。

*

小秋 大丈夫、これはまだ直線領域を指定しただけだから。線を描くのはこれからよ。
ピクじろう 「領域」? 
小秋 ええ、Pixiaでは、まず「領域」を指定して、その領域に沿って線を描くという手順を踏まなければならないの。さて、ピクじろう君、描きたい線の色とペン先の形を選んでくれる?
ピクじろう よし、選んだよ。

*

小秋 で、ツールバーの「線」を選択してみて。

*

ピクじろう よいしょ。わあ、領域に沿って線が描けたなあ。

*

小秋 描けたら領域を解除して出来上がりよ。領域の解除は、ツールバーの領域解除を選択すればできるわ。

*

ピクじろう 黒い線が消えた。でも、領域を指定して、線を描いて、領域を解除して、って面倒だなあ。

*

小秋 確かにね。ボタンを押しながらマウスを動かすだけで直接線が描けるようにする方法もあるわよ。
ピクじろう どうするの?
小秋 メニューバー「表示」のリストから「補助設定」を選択して、補助設定ダイアログボックスを呼び出してみて。

*

ピクじろう これだね。

*

小秋 タブをクリックして「ペイント設定」の画面に切り替えるの。そこに「選択」と表示された小窓があるでしょ。その右横の[▼]をクリックしてみて。

*

ピクじろう リストが展開したよ。
小秋 そのリストから「直線」を選択して、もう一度キャンバス上で、マウスの左ボタンを押しながら、マウスを動かしてみて。

*

ピクじろう わあ、領域の指定と線の描画が一気にできたよ。これは便利だねえ。もうずっと「直線」モードにしておこうかな。

*

小秋 そうねえ。ただ、「選択」モードにも便利な点があってね。こちらを選択しておくと、指定した領域の位置を動かすことができるのよ。
ピクじろう えっ、そうなの?
小秋 ええ、もう一度補助設定の領域欄を「選択」モードに戻して、直線領域を指定してみてくれる?

*

ピクじろう はーい。

*

小秋 で、指定した領域の近くにマウスポインタを持って行ってみて。マウスポインタの形が変わるでしょ。その状態でマウスの左ボタンを押したまま、マウスを動かしてみて。

*

ピクじろう あ、領域が動いた!

*

小秋 これが領域を移動する方法よ。あと、角度や長さを変えることもできるわ。両端の小さな四角にマウスポインタを合わせてみて。
ピクじろう よいしょ。ポインタの形が変わったよ。

*

小秋 その状態で、マウスの左ボタンを押したままマウスを動かすの。
ピクじろう わあ〜。マウスポインタを合わせた方の端が自由自在に動くよ。

*

小秋 補助設定ダイアログで領域の設定を「選択」モードにしておくと、こうして領域の位置や長さを調整してから線を描くことができるのよ。

*

ピクじろう なるほど。一見面倒に思えるけど、微調整ができる分「直線」モードより便利かもしれないね。

このページのトップへ▲