HOME > Pixia入門講座 > 簡単なイラストの描き方 > * オプションパネルでペン先を変更する

オプションパネルでペン先を変更する

Pixiaの初期設定のままキャンバスに線を描くと、太くにじんだようなタッチの線になります。もっと細くくっきりした線を描くには、右サイドのオプションパネルで「ペン先」の変更をする必要があります。このページで、オプションパネルの操作方法を学びましょう。

小秋 Pixiaで線の太さを変更するには、右サイドの「オプションパネル」で「ペン先」の設定を変えるの。パネルの左半分でペン先の形が、右半分でペン先の大きさが変えられるのよ。

*

ピクじろう さっき描いた線は少しぼやけていたよね。はっきりした線を描きたい場合は、どうすればいいの?

*

小秋 ペン先の形一覧から、まっ黒な丸の絵のアイコンを選択してみて。
ピクじろう これだね。あっ、オプションパネルの右半分の窓に表示されていた丸の形が変わったよ。

*

小秋 そう、右側にあるこの窓では、ペン先のプレビューを見ることができるのよ。
ピクじろう 分かりやすいなあ。じゃ、次、ペン先の太さはどうやって変えればいいの? もっと細い線を描きたいんだけど。
小秋 ペン先のプレビュー窓の右下にくっついている青い小さな四角にマウスポイントを合わせてくれる? ちなみにこの青い小さな四角を「ハンドル」といいます。

ピクじろう よし、合わせたなあ。

*

小秋 その状態で、マウスの左ボタンを押して、押したままマウスを左斜め前に動かしてみてくれるかしら?
ピクじろう 丸が小さくなった! これで細い線が描けるんだね。

*

小秋 そうそう。逆に線を太くしたい場合はマウスを右斜め後ろに引くのよ。さて、これでペン先の形と大きさが変わったわ。何か描いてみましょうか。

*

ピクじろう よし。わあ、さっきより細くてはっきりした細い線が描けたなあ。しばらくお絵かきして遊んでみるね。

*

このページのトップへ▲