HOME > Pixia入門講座 > * 簡単なイラストの描き方

簡単なイラストの描き方

*

  1. キャンバスを新規作成する
    Pixiaの画面で、絵を描くウィンドウのことを「キャンバス」といいます。このページでは、キャンバスを新規作成する方法や、使わない「フィルタ」「補助設定」ウィンドウを非表示にしておく方法を解説しています。
  2. 色を指定してフリーハンドで線を描く
    キャンバスが準備できたら、さっそく何か描いてみましょう。このページでは、Pixiaを使ってフリーハンドで線を描く方法と、右サイドの「パレットパネル」で色の設定を変更する方法を説明しています。   
  3. オプションパネルでペン先を変更する
    Pixiaの初期設定のままキャンバスに線を描くと、太くにじんだようなタッチの線になります。もっと細くくっきりした線を描くには、右サイドのオプションパネルで「ペン先」の変更をする必要があります。このページで、オプションパネルの操作方法を学びましょう。
  4. 消しゴムをかけて線を消す
    Pixiaで消しゴムをかけたら、青い色が塗られてしまった!というトラブルはこのページで解決。実はあれはキャンバスの消しゴムをかけた部分が透明になって、「背景」が見えているからなんです。ちょっと分かりにくいPixiaの「レイヤ」と「背景」の関係をこの機会にマスターしましょう。
  5. 直線領域を指定して線を描く
    定規を使って引いたような直線をPixiaで描くには、「[領域]−直線」ツールを使います。このページでは、直線領域を指定する方法や、領域に沿って線を描く方法、領域の移動や解除の方法がマスターできます。
  6. 円領域・長方形領域を指定して丸や四角形を描く
    Pixiaでは「[領域]-円」や「[領域]-長方形」を使うと、きれいな丸や四角形を描くことができます。このページで、円領域・長方形領域の指定と描画の方法がマスターできます。領域を動かしたり、大きさや形を変えたりする方法も解説しています。
  7. 多角形領域を指定して三角形や五角形を描く
    三角形や五角形などの多角形をPixiaで描くには、「[領域]-多角形」を用います。このページで解説しているのは、多角形領域の指定の方法、指定した多角形領域の各ポイントを動かして形を微調整する方法などです。
  8. グリッドを使って左右対称な図形を描く
    「領域」を使って線や図形がきちっと描けたとしても、それらをまっすぐ並べたり、左右対称に配置したりするのは難しいもの。その問題を解決してくれるのがPixiaの「グリッド」機能です。グリッドを使えば、方眼紙のようなマス目に沿って、線や図形をきれいに配置することができます。
  9. 閉領域で指定範囲を塗り潰す
    Pixiaで線画に色塗りをするときに、「フリーハンド」を使ってごしごし塗ったりしていませんか?手書き風のタッチにしたい場合はそれでもいいですが、線の内側を均一に塗りたい時には、「閉領域」が便利。一気に、ムラなくはみ出しのない色塗りができます。

このページのトップへ▲