HOME > Pixia基礎講座 > * カラーパネルの使い方

カラーパネルの使い方

*

  1. テクスチャの使い方の基本を学ぶ
    例えば、人物の背景のレンガの壁。ひとつひとつレンガを描き込むのは大変ですよね。そんな時にお役立ちなのが「テクスチャ」。既成の模様で画面を一気に埋め尽くすことができます。ここでは、Pixia付属のテクスチャの使い方と、外部から持ち込んだテクスチャの使い方を解説しています。
  2. カラーパネルでWEBセーフカラーを作る
    使っているOSがWindowsであるかMacであるか、またモニタの機種が何かを問わず、どんなパソコン環境で見ても同じに見える色をWebセーフカラーといいます。ここでは、Pixiaのカラーパネルを使って、Webセーフカラーを作る方法をご説明しています。
  3. 色見本と全く同じ色をPixiaで作る
    Pixiaのカラーパネルでは、R、G、Bの値を調節して色を作ることができますが、なかなか微調整が難しく、色見本のRGB値をそのまま再現することができなかったりします。さて、色見本と全く同じ色を作るにはどうすればいいでしょうか?

このページのトップへ▲