HOME > Pixia基礎講座 > パレットパネル > * 色にグラデーションをかけてキャンバスを塗り潰す

色にグラデーションをかけてキャンバスを塗り潰す

Pixiaのパレットパネルの表示を「G」に切り替えると、色のグラデーションでキャンバスを彩ることができます。パレットに登録されているパターンが使えるだけではなく、自分なりのカスタマイズも可能。ぜひマスターして微妙な色合いの変化をお楽しみください。

ピクじろう 僕が撮った写真を、ホームページからダウンロードしてもらえるようにしたんだけど、反応がいまいちなんだ。そこで、ダウンロード率を上げるためにボタンを作ってみたよ。

*

小秋 まあ、「ハーフトーンで画像を薄くしたりグラデーションをかけたりする」でマスターしたテクニックを応用したのね。
ピクじろう そうなんだ。でも、できればもっと複雑な色合いのグラデーションにしたいんだ。例えば赤→黄色、黄色→緑っていう具合に、色合いを変化させることはできないのかなあ。
小秋 できるわよ。パレットパネルの左側にあるタブのうち、「G」をクリックしてみてくれる?

*

ピクじろう わあ、パレットがグラデーション模様になった!

*

小秋 この状態で、ツールバーの「塗りつぶし」を選択して、文字の背景のレイヤを塗りつぶすと、色合いが変化するグラデーションの塗りつぶしができるのよ。

*

ピクじろう へえ〜、知らなかったなあ。色は自由に指定できるの?
小秋 ええ。パネルの四隅の正方形をクリックすると、現在選択中の色がグラデーションに反映されるわ。

*

ピクじろう 下側の二つの四角を赤に、上側の二つの四角を黄色にして塗りつぶしをかけてみたよ。いい感じいい感じ。

*

小秋 パネルを選択するタブの右側にあるバーをスライドさせると、グラデーション模様の角度を変えることができるわ。中央のプレビュー欄を見ながら、色々試してみてね。

*

ピクじろう うん、分かったよ。ありがとう!
小秋 あと、パネル右側にある黒と白のストライプのボタンをクリックすると、グラデーションのパターンを変えることもできるわよ。

*

ピクじろう ややや、何やらややこしそうだなあ。
小秋 そうでもないわ。まず、色の追加をするには、赤い三角マークの付いたボタンをクリック。すると、現在選択中の色が追加されるの。

*

ピクじろう あっ、グラデーション模様の左端に、赤色が追加されたね。
小秋 それから、色の削除をするには、削除したい色の下にある白い三角マークを、赤い三角マークのついたボタンのところまでドラッグよ。いらないファイルをゴミ箱に入れる要領でね。

*

ピクじろう なるほどなるほど。意外と簡単だね。色は何色でも追加できるの?
小秋 できるわよ。その上、白い三角マークをドラッグすることで、それぞれの色の幅や順序は思いのままだしね。先ほどのパターン同様、角度も変えられるし。これでまた表現の幅が広がってしまうわよ。

*

ピクじろう オレンジ色とクリーム色を追加して、色の並びを赤→オレンジ→黄→クリームに変えて、角度を90度にしてみたよ。うん、かなり存在感のある色合いになったなあ。これでダウンロード率も急上昇だね!

*

このページのトップへ▲