HOME > Pixia基礎講座 > オプションパネル > * 水彩風に色塗りする

水彩風に色塗りする

オプションパネルでペン先を変更して、Pixiaで水彩風に色塗りをする方法です。色が混ざりあわないように、色ごとにレイヤを分けてキレイに塗るコツも。レイヤが増えたときに混乱しないよう、レイヤに名前を付ける方法も解説しています。

小秋 あら、今日は電車のイラストなのね。

*

ピクじろう うん。最近、阪急電車の映画を観てから、すっかりはまってしまっているんだ。それに起業を目指す僕は、阪急電車の創業者の小林一三さんを尊敬しているからね。
小秋 き、起業をもくろんでいたとは知らなかったわ。
ピクじろう 他のみんなにはまだ内緒だよ。ところで、映画はとってもほんわかしたお話だったから、こんなベタっとした塗りじゃなくて、ほんわかしたタッチにしたいんだけどなあ。
小秋 じゃあ、今日はPixiaで水彩画風の塗りをマスターしましょうか。
ピクじろう わあわあ、それはいいね。
小秋 ええ、簡単よ。まず、電車の線画だけを用意してくれる?
ピクじろう 用意したなあ。

*

小秋 用意できたら、レイヤパネル「編集」→「追加」で色用のレイヤを追加して、線画レイヤの下位に移動よ。追加したレイヤのアイコンをクリックして、アクティブにするのを忘れないようにね。

*

ピクじろう そうだそうだ、よくこの操作を忘れて、うっかり線画の上に色を塗ってしまったりするよ。気をつけなきゃだね。

*

小秋 そうそう。気をつけてね。さて、レイヤの準備ができたら空の色を塗ってみましょうか。水色を選択して、ペン先の設定を変更よ。まずは、形状をオプションパネル左上のぼやけた丸にして、大きさをかなり大きめにしてみましょうか。

*

ピクじろう できたなあ。「ツールバー」からは、「フリーハンド」を選択でいいのかな?

*

小秋 ええ。これでキャンバスの上をドラッグすると、水彩絵の具で塗ったようなタッチで色が塗れるわよ。

*

ピクじろう わあ、ほんと。絵の具みたいだね。
小秋 あとは、色やペン先の形状・大きさを変えながら、どんどん塗っていくだけよ。レイヤを追加して、パーツにレイヤを分けておくと、はみ出したときに消しゴムで消すだけでいいので、おすすめね。

*

ピクじろう あっ、なるほどなあ。でも、色のレイヤが増えると、どのレイヤに何を塗ったかわからなくなってしまいそうだなあ。
小秋 では、レイヤに名前を付けましょうか。名前を付けたいレイヤのアイコンの上で右クリックをして、メニューから「設定」を選択してみて。

*

ピクじろう 「レイヤ設定」というダイアログが開いたなあ。あっ、「名前」という欄がある。ここを好きな名前に変えればいいんだね。

*

小秋 そうそう。例えば、「空」とか「草」とか自分が分かりやすい名前をつけておくと混乱しないわよ。
ピクじろう うん、これならレイヤが増えても平気だね。よーし、どんどん塗っていくぞ。

*

小秋 ムラになった部分は、パレットパネルの「ぼかし」ツールを選択してドラッグするときれいになじむわ。ペン先の設定とツールの組み合わせで色々な表現ができるから、試してみてね。

*

ピクじろう うーん、またまた表現の幅が広がってしまったなあ。

このページのトップへ▲