HOME > Pixia基礎講座 > メニューバー > * ルーペを使ってドット絵を描く

ルーペを使ってドット絵を描く

アイコンなどによく使われている「ドット絵」は、Pixiaのメニューバーの「描画」から「ルーペ」を呼び出して簡単に作成することができます。このページでは、Pixiaの「ルーペ」ウィンドウの機能を詳しく解説しています。

ピクじろう ねえねえ、みんながホームページでよく使っているような、小さくても絵がはっきりしているアイコンを作るにはどうすればいいの? 普通に描いた絵を小さく縮小するとぼやけてしまうよね。

*

小秋 はっきりしてるアイコンって、こんなの?

*

ピクじろう あっ、僕たちだ。そうそう、そんな感じ。それはどうやって作ったの?
小秋 ドット絵として作ったわ。
ピクじろう ドット絵?
小秋 ええ、パソコン上で、1ピクセル角の小さな点を並べて作る絵のことよ。
ピクじろう むむむ、お米に字を書くとか、そういう職人技の世界なのかい?
小秋 いやいや、そんな難しい話ではないわ。「ルーペ」という機能を使えば簡単よ。Pixiaでキャンバスを新規作成して、メニュー「描画」から「ルーペ」を選択してみて。

*

ピクじろう 「ルーペ」というウィンドウが開いたなあ。

*

小秋 その上をマウスでドラッグしてみてくれる?
ピクじろう 線がかけたなあ。でも、ガタガタしてしまっている。

*

小秋 心配ないわ。キャンバスの左上をみてちょうだい。
ピクじろう あれ!「ルーペ」に描いたのと同じ形の小さい画像がキャンバス上にあらわれたよ。

*

小秋 そのキャンバス上に表示されている大きさが本当の大きさよ。「ルーペ」は、キャンバス上の四角い線で囲まれた部分を拡大表示して描画ができる機能なの。
ピクじろう なるほど。拡大して細かい作業をやりやすくするわけだね。
小秋 そうそう。拡大しているからガタガタして見えるだけ。出来上がりの画像はそれよりずっとなめらかに見えるから、心配しなくていいわよ。
ピクじろう そうかあ。よし、じゃあさっそく何か描いてみよう。
小秋 ええ、ぜひね。色の指定や、消しゴムの設定は、普通のキャンバスに描く時と同じよ。描画のツールは、「ルーペ」ウィンドウのフリーハンド、直線、四角形、中が詰まった四角形から選べるわ。

*

ピクじろう この倒れたペンキ缶みたいな絵のボタンは何なの?

*

小秋 あ、それは「塗りつぶし」よ。普通のキャンバスで色を塗る時に使う「閉領域」みたいなものでね。線で囲まれた部分をクリックすると、一気に色が塗れるの。

*

ピクじろう なるほどなるほど。わわわ、これは楽しいね。もうパソコンのアイコンが描けてしまったよ。これから僕のことはドット職人と呼ぶといいね。

*

小秋 調子に乗ってしまっている。

このページのトップへ▲