HOME > Pixia基礎講座 > メニューバー > * 線画の色を変更する

線画の色を変更する

Pixiaでは、黒で描いた線画の色を自由に変更することができます。このページでは、メニュー「画像」の「チャンネル間のコピー」「白紙作成」を使って線画の色を変更する方法を解説しました。黒で線画を描いたんだけど、どうも印象がきついという場合にお試しください。

ピクじろう うーん、うーん。黒で線を描いたら、きつい印象になってしまったよ。茶色かグレーで描けばよかったなあ。ねえ、線の色を変えることはできないの?

*

小秋 できるわよ。
ピクじろう わあ、よかったよ。方法を教えてほしいなあ。
小秋 よし、ちょっと手順が多いし、ややこしいところもあるけど、頑張ってついてきてね。まず、色のレイヤを非表示にするの。アイコンの三角マークのボタンをクリックよ。

*

ピクじろう わあ、アイコンが右にずれて色が見えなくなった。へえーこんなことができるのか。

*

*

小秋 続いて、レイヤを追加して、線のレイヤの下に表示されるように、アイコンを上に移動させて、全体を白で塗りつぶすの。

*

*

ピクじろう 白を選択してツールバーの「塗りつぶし」をクリックしたけど、見た目が変わらないから、できたかどうかわからないなあ。

*

小秋 背景色を白以外にしても、キャンバスが白いままならOKよ。さて、塗りつぶしができたらレイヤを結合します。

*

ピクじろう レイヤの結合は、「編集」をクリックして開いたメニューから「レイヤの結合」を選択するんだったね。

*

小秋 そうそう。すると「レイヤの結合」ダイアログボックスが表示されるわね。ここで、「非表示レイヤを破棄しないで新規ウィンドウ」を選択して「OK」をクリックよ。

*

ピクじろう 線のレイヤと白く塗りつぶしたレイヤがひとつになったなあ。でも、何でこんな面倒なことをしなければならないの?

*

小秋 うーん、私もよく原理は分かってないんだけど、透明の部分を白にしないと、今からする作業ができないのよねえ。さて、準備ができたところで線色の変更に移りましょう。まず、メニューバー「画像」のリストから「チャンネル間のコピー」を選択よ。

*

ピクじろう ダイアログボックスが表示されたなあ。

*

小秋 「コピー元」を「明度」、「コピー先」を「マスク」に設定して「OK」をクリックよ。

*

ピクじろう 何も起こらないよ。

*

小秋 まあまあ、まだこの先があるのよ。もう一度メニューバー「画像」のリストを表示させて、「白紙作成」を選択。

*

ピクじろう ふうふう、確かに手順が多いし、ややこしいなあ。
小秋 あともう一息よ。「白紙作成」ダイアログボックスの「透明にする」にチェックを入れて「OK」をクリックしてちょうだい。

*

ピクじろう うわあ、線が消えちゃったよ。うーん、うーん。

*

小秋 大丈夫。好きな色を選んで、ツールバーの「塗りつぶし」をクリックしてみて。
ピクじろう わあ、今選んだ色で線が現れたなあ。

*

小秋 また違う色を選んで塗りつぶしをかければ、線の色を変えることができるわ。もうこれで線色は変更し放題よ。色のレイヤを表示状態に戻して、線のレイヤの下に表示されるように移動させ、全体のバランスを見ながら線の色を決定してね。

*

ピクじろう 分かったよ、ありがとう。よし、茶色にしてみよう。あっ、線じゃなくて背景の色が変わっちゃった!

*

小秋 ツールバー「元に戻す」で取り消せるから大丈夫よ。塗りつぶしをかける前に、線のレイヤのアイコンをクリックして、アクティブにするのを忘れないでね。

*

*

ピクじろう あっ、そうだ。レイヤを移動したらアクティブなレイヤが変わってしまうことがあるんだったよね。よし、線のレイヤのアイコンをクリックして、「塗りつぶし」っと。わあ、できたなあ。線の色が変えられたよ。

*

このページのトップへ▲