HOME > Pixia基礎講座 > レイヤパネル > * マスクプレーンの使い方の基本を学ぶ

マスクプレーンの使い方の基本を学ぶ

Pixiaのレイヤーには「マスクプレーン」が隠されています。レイヤパネルの「T」ボタン下のボタンをクリックするとそれを表示させることができるのですが、さて、マスクプレーンとは、何のためにあるのでしょう。ここでは、その使い方を解説いたします。

ピクじろう ねえねえ、Pixiaのレイヤパネルの「T」ボタンの下にあるボタンは何なの? クリックすると、ボタンの絵が変わって、レイヤのアイコンの下に「マスク」というアイコンが表示されるんだけど、どう使えばいいのか、さっぱり分からないや。

*

小秋 あ、そのボタンはね、「プレーン」の状態を表示するボタンなの。
ピクじろう プレーン?
小秋 ええ、この講座の「写真を文字の形に切り抜く」の回で、「プレーンの追加」をして、キャンバスの文字を描いた部分以外のところを透明にしたのを憶えている?
ピクじろう うんうん、憶えているなあ。あれがプレーンなのかい?
小秋 うん、プレーンのひとつね。ちょっとレイヤパネルの「画像」ボタンをクリックして、リストから「プレーンの追加と削除」を選択してみてくれる?

*

ピクじろう ダイアログボックスが表示されたなあ。

*

小秋 そこに「透過色」「マスク」「線画」とあるでしょ。「プレーン」とは、それらをまとめて指す呼び名という理解でいいわ。どれかを選んで追加してみて。
ピクじろう 「透過色を追加」を選択してみたら、「マスク」の下に「透過色1」というアイコンが表示されたなあ。なるほど、プレーンの状態を表示するとはこういうことなのか。

*

小秋 ええ。「マスク」1枚だけはレイヤにあらかじめついているから、プレーンの表示ボタンをクリックするだけで現れたというわけね。
ピクじろう そうだったのかあ。ところで、マスクとは何なのかい?
小秋 画像の一部を保護する機能よ。画用紙にテープを貼った部分に線を描いたり色を塗ったりすることができないように、キャンバス上のマスクをかけた部分は変更できなくなるの。よし、実際にやってみましょうか。「マスク」のアイコンをクリックしてみて。

*

ピクじろう わわっ、キャンバス全体が青くなってしまった。

*

小秋 マスクのアイコンをクリックすると、キャンバス全体に青いガラスがかぶさったように表示されるの。心配いらないわ。では、マスクを作成してみましょう。ツールバーから「フリーハンド」を選択して、色は白、ペン先は太めに設定して、マスクをかけたい部分をドラッグしてくれる?

*

*

ピクじろう よし。鳥山くんにマスクをかけてみよう。わわっ、ピンクで色が塗れてしまうなあ。

*

小秋 それでいいのよ。マスクがかかっている部分は、ピンク色で表示されるの。マスクをかけたい部分をドラッグできたら、LAYERのアイコンをクリックしてね。

*

ピクじろう 画像が元に戻ったなあ。

*

小秋 では、消しゴムを選択して、鳥山君の上をドラッグしてみましょうか。

*

ピクじろう あっ、さっきのマスクの画面でピンクになっていた部分は消えないね。なるほど、これがマスクというものかあ。

*

小秋 ええ。マスクを使うと、フリーハンドでもはみ出しなく色が塗れたり、写真から一部を切り抜きしたりすることができるわよ。詳しくはまた別の機会に説明するわね。
ピクじろう うん、分かった。楽しみにしているよ。

このページのトップへ▲