HOME > Pixia基礎講座 > レイヤパネル > * 写真 画像を文字の形に切り抜く

写真 画像を文字の形に切り抜く

Pixiaで写真を文字の形に切り抜くにはどうしたらいいでしょう。「トリミング」は使えませんし、「閉領域」を使ってもきれいに切り取るのは困難です。そこで登場するのがレイヤパネルの「プレーン」。プレーンを使うと、写真を文字の形どおりに切り抜くことができるのです。

ピクじろう うーんうーん、写真を文字の形に切り抜きたいんだけどうまくいかないや。

*

小秋 あら、どんな方法を使ったの?
ピクじろう 写真に文字入れする方法はもうマスターしているから、あの要領で写真の上に新規レイヤで文字を乗せて、ツールバーから「閉領域」を選択して、文字以外の部分を指定して、削除をかけたよ。

*

小秋 なるほど、それで文字のレイヤを非表示にして、文字の影に隠れていた写真を表示させたというわけね。

*

ピクじろう そうなんだ。閉領域選択をするときに、オプションパネルの「範囲」の数値を上げてみたりもしたんだけど、どうしても文字の回りに写真が残ってしまうんだよねえ。

*

小秋 うーん、随分応用が効くようになってきたわねえ。でも、その方法では難しいわね。こういう場合は「プレーン」を使うといいわ。
ピクじろう 「プレーン」?
小秋 ええ、もう一度元の画像を開いて、レイヤパネルの「画像」をクリックして、開いたリストから「プレーンの追加と削除」を選択してみて。

*

ピクじろう 「追加と削除」というダイアログボックスが開いたよ。

*

小秋 「透過色追加」を選択して「閉じる」をクリック。

*

ピクじろう 何も起こらないなあ。

*

小秋 もう一度レイヤパネルの「画像」をクリックしてリストから「透過色1」を選択すると、画像が青くなるわ。その状態で文字を描画してみて。

*

ピクじろう うん、分かった。文字の貼り付け方は、「このレイヤに貼り付け」でいいのかなあ?

*

小秋 ええ、それでOKよ。あっ、そうそう肝心なことを忘れていたわ。色は白を選択しておいてね。他の色だと出来ないみたいだから。

*

ピクじろう あれれ? 文字が水色で描画されてしまっている。。。

*

小秋 それでいいのよ。これは、透過色で文字が描画されたことを示しているの。ここでは、文字の中に写真を残して、周りを透明にしたいから、反転させる必要があるわ。メニュー「画像」から、「ネガ反転」を選んで画像と透過色を反転させてね。

*

ピクじろう 反転したなあ。もとのカラー写真に戻すにはどうすればいいの?

*

小秋 LAYER0のアイコンをクリックすると、元に戻るわ。

*

ピクじろう わあ、写真を文字の形に切り抜くことができたよ。これはいいね。

*

小秋 ちょっと手順が多いけど、覚えてしまえば簡単でしょ?
ピクじろう うん。これは忘れないようにメモメモだね。ようし、色んな写真やフォントで試してみようっと。

このページのトップへ▲