HOME > Pixia基礎講座 > フィルタ > * フィルタ「メッシュ」でストライプ模様を描く

フィルタ「メッシュ」でストライプ模様を描く

画像の上にかかった細かいストライプやチェック。あれは一本一本線を手描きしているのではありません。リアルで漫画を描く時のスクリーントーンみたいに、既成の模様を貼りつけたもので、Pixiaでは「フィルタ」の「メッシュ」という機能を使って実現することができます。

ピクじろう ふうふう。ストライプ模様を描くのは面倒だなあ。

*

*

小秋 まあ、ピクじろう君、ストライプ模様の線を1本1本描いてるの?
ピクじろう うん。グリッドの使い方を覚えたので、均等に平行線を描くことはできるようになったんだけど、やっぱり大変だね。
小秋 それはそうよ。「フィルタ」の「メッシュ」を使えばいいのに。
ピクじろう 「フィルタ」の「メッシュ」?
小秋 ええ、その機能を使えば、指定した範囲に一気に模様を描くことができるわ。さっそくやってみましょう。まず、ストライプを描きたい範囲を選択してね。わかりやすいようにグリッドは解除しておきましょうか。
ピクじろう 分かった。これまでに描いた線を消して、「閉領域」で海の部分を選択したよ。

*

小秋 選択できたら、Pixiaの画面右下あたりにある「フィルタ」っていうダイアログボックスを…
ピクじろう あっ、Pixiaインストールした時にあった、あの小さなボックスのこと? 邪魔だから消してしまったなあ。どうしよう。

*

小秋 大丈夫。メニューバー「表示」のリストから「フィルタ」を選択すれば、また表示されるわ。

*

ピクじろう 出た出た。ほっ。なになに、「パズル」「ブロック崩し」?

*

小秋 それはとりあえず置いといて、左側のリストから「効果」を選んでくれる?

*

ピクじろう 文字の上をクリックすればいいのかな。よいしょ。右側のリストの表示が変わったなあ。

*

小秋 で、右側のリストから「メッシュ」を選ぶの。

*

ピクじろう 何も起こらないよ。

*

小秋 それだけでは、何も起こらないわ。ダイアログボックスの右下の方にある「設定」ボタンをクリックしてみて。

*

ピクじろう ダイアログボックスが開いた。

*

小秋 左側のリストから模様が選べるようになっているの。そうねえ、ピクじろう君が描きたかったのは細いストライプなのよね。sphere_006.bmpを選択してみてくれる?

*

ピクじろう 選択した。わっ、右側の窓の中の模様が変わったなあ。

*

小秋 その窓で設定中の模様のプレビューが見られるの。現在の設定では、白で細いストライプが描けることがここでわかるわ。
ピクじろう 色を変えることはできるの?
小秋 できるわよ。「メッシュの色」というボタンをクリックしてみて。

*

ピクじろう 「色選択」というダイアログボックスが開いたなあ。

*

小秋 ここでRGB値やHSV値を入力したり、右上の色相環パネルを操作して色を指定するのよ。キャンセルボタンの上の窓で現在の色が確認できるわ。

*

ピクじろう む、難しいことはよく分からないなあ。普通の青色でいいんだけど。
小秋 じゃ、「R」「G」の窓に「0」と入力してみて。

*

ピクじろう あっ、現在の色を表す欄が青に変わったなあ。うん、この色いいね。よければ「OK」でいいのかな?

*

小秋 ええ、いいわ。「メッシュ」ダイアログボックスに戻ってプレビュー欄で色と模様を確認して、よければ「OK」をクリックよ。

*

ピクじろう よし! あれー? やっぱり何も起こらないなあ。

*

小秋 まだまだ。「フィルタ」ダイアログボックスの「実行」ボタンをクリックしてようやく完了よ。

*

ピクじろう わあい。ストライプが一気に描けたよ。

*

小秋 これがPixiaの「フィルタ」のひとつ「メッシュ」よ。ストライプの他にも色々な模様があるから、ぜひ活用してね。

*

*

このページのトップへ▲