HOME > Pixia基礎講座 > カラーパネル > * 色見本と全く同じ色をPixiaで作る

色見本と全く同じ色をPixiaで作る

Pixiaのカラーパネルでは、R、G、Bの値を調節して色を作ることができますが、なかなか微調整が難しく、色見本のRGB値をそのまま再現することができなかったりします。さて、色見本と全く同じ色を作るにはどうすればいいでしょうか?

ピクじろう うーんうーん、Web上の色見本のRGBの数字を見て、Pixiaで同じ色を作ってみようとしてるんだけど、うまくいかないや。カラーパネルの赤・緑・青の数字を見本どおりにしたいのに、どうしてもピッタリの数字になってくれないよ。

*

小秋 あー、Pixiaの色の数値の指定は、スライド式だからね。私もよくムキーッてなるわ。
ピクじろう どうしても合わないときはどうするの?
小秋 だいたい同じような色でかまわない時は、1〜2のズレは妥協するけどね。きっちり合わせたいときは、スポイトを使うわ。
ピクじろう わわわ、何かい、それは? どこにボタンがあるのかい?
小秋 ボタンはないんだけどね。よし、ちょっとやってみましょう。とりあえず、さっき作ったちょっと惜しい柿色で、キャンバスに色を塗ってくれるかしら。
ピクじろう こうかい?

*

小秋 ええ。そして、キャンバスの空いた部分で右クリックをして、カラーパネルを見てくれるかしら。

*

ピクじろう わわわ、さっきはちょっと惜しい柿色だったのに、白になってしまっている。

*

小秋 では、今度はちょっと惜しい柿色の上で、右クリックをしてみて。
ピクじろう 右クリックをしたらもどったなあ。一体、何をしたのかい?

*

小秋 キャンバス上で右クリックをする時に、マウスポインタをよく見ていて。一瞬形が変わるでしょ。
ピクじろう あっ、ほんとだ。スポイトの形に変わっているね。もしかして、右クリックしたところの色を吸い取っているとかかい?

*

小秋 まさにその通りよ。
ピクじろう これはよい。一度使った色をまた使いたいときに便利なあ(・w・)/ あっ、でも、吸い取ることができるのは、Pixiaのキャンバス上の色だけだよね。だったら、Web色見本とまったく同じ色を作りたいという僕の目的は達成されんよ。
小秋 Web色見本の色をPixia上に持ってくればいいのよ。
ピクじろう えっどうやって?
小秋 まず、色見本のページを画面に表示させた状態で、キーボードの[Print Screen]キーを押すの。機種によって「Prnt Scrn」など、微妙に表示が異なるけれど、だいたい右上あたりにあるわ。
ピクじろう 僕のは「Prnt Scrn」となっているなあ。よいしょ。押したよ。
小秋 では、Pixiaで新しいキャンバスを作成してちょうだい。サイズは大きめがいいわ。

*

*

ピクじろう 作ったなあ。
小秋 作れたら、ツールバーの「貼り付け」をクリックして、画像があらわれたら、右クリックでメニューから「貼り付け」を選択よ。

*

ピクじろう ややや、色見本のページがキャンバス上にあらわれた。

*

小秋 [Print Screen]は、パソコン画面を撮影する機能なの。その撮影した画像を、Pixiaに貼り付けたってわけね。あとは、作りたい色の上を右クリックして、スポイトで吸い取るだけよ。

*

ピクじろう なるほど、欲しい色が作れないときは、その色が表示されている画面を撮影して、Pixiaに貼って、スポイトで色を吸い取るんだね。これで繊細な和の色の表現も思いのままや(・w・)/

このページのトップへ▲