HOME > Pixia基礎講座 > カラーパネル > * テクスチャの使い方の基本を学ぶ

テクスチャの使い方の基本を学ぶ

例えば、人物の背景のレンガの壁。ひとつひとつレンガを描き込むのは大変ですよね。そんな時にお役立ちなのが「テクスチャ」。既成の模様で画面を一気に埋め尽くすことができます。ここでは、Pixia付属のテクスチャの使い方と、外部から持ち込んだテクスチャの使い方を解説しています。

ピクじろう ふう、ふう、いくら絵とはいえ、レンガを積み重ねるのは重労働だなあ。

*

小秋 あら、嫌だ。自分でひとつひとつ描いているのね。テクスチャのことを早く教えてあげればよかったわ。
ピクじろう テクスチャ?
小秋 ええ。カラーパネルの右下隅にフォルダの絵のボタンがあるでしょ。そこをクリックしてみて。

*

ピクじろう カラーパネルの右下隅…これだね。

*

小秋 するとメニューが開くので、そこから「テクスチャ」を選択よ。

*

ピクじろう 「ファイル選択」というダイアログボックスが開いたよ。色んな模様が表示されているなあ。

*

小秋 レンガの画像があるでしょ。それを選択して「OK」をクリックしてみて。

*

ピクじろう あっ、カラーパネルの「現在の色」の欄がレンガ模様に変わったよ。

*

小秋 その状態で、塗りつぶしたい場所を指定して、ツールバーの塗りつぶしをクリックしてみて。

*

ピクじろう 背景用のレイヤ全体を指定してみよう。よいしょ。わあ、背景があっという間にレンガ模様になったよ。

*

小秋 これがテクスチャよ。ファイルを選択して、「塗りつぶし」をするだけで、指定した範囲全体に模様を描くことができるの。
ピクじろう すごいなあ。石の表面の模様みたいな柄やチェック柄もある。これでまた表現の幅が広がってしまうなあ。

*

*

小秋 そうね、色々試してみてね。
ピクじろう ただ、贅沢を言えば、もっとくっきりしたレンガ模様があるとうれしいんだけどなあ。
小秋 ウェブ上にはテクスチャを無料で配布している素材屋さんがたくさんいるわ。「レンガ テクスチャ」で検索すれば好みの模様が見つかると思うわよ。

*

※画像はイメージです。実在の素材屋ではありません。
ピクじろう へえ〜太っ腹な人たちがいるんだねえ。
小秋 そうなのよ。好みのテクスチャが見つかったら、画像の上で右クリックをして、開いたメニューから「名前を付けて画像を保存」を選択すると、自分のパソコンにそのテクスチャを保存することができるわよ。

*

*

ピクじろう 持ち帰ったテクスチャを使うには、どうすればいいの?
小秋 カラーパネルのフォルダマークをクリックして、開いたリストから「任意の画像フォルダ」を選び、保存したテクスチャ画像を指定すればOKよ。

*

*

ピクじろう わあ、もらってきたテクスチャでレンガ模様が描けたなあ。これは便利だ。よし、いろんなテクスチャをどんどん集めるぞー。

*

小秋 好みのテクスチャがたくさん見つかるといいわね。ただ、素材屋さんには、使用条件に制約を設けているところも多いから、「使用にあたってのご注意」とか「利用規約」などの項目をよく確認して、失礼にならないようにね。
ピクじろう うん、分かったよ!

このページのトップへ▲